チラコイドの副作用

チラコイドは摂っても大丈夫なものなのか?副作用等の安全にかかわるリスクについてです。
MENU

チラコイドの副作用の可能性について

チラコイド

 

チラコイドはダイエットサポート食品ですが、
本当に安全に毎日摂っていけるものなのでしょうか?

 

近年食の安全が騒がれる中どうしても
あまり馴染みのない成分である’’チラコイド’’に対して多少の不安も出てきます。

 

チラコイドは毎日摂ることで副作用等の可能性はないのか?

 

ここでは副作用、もしくはそれに近い症状が
チラコイドで起こりえるかについて解説したいと思います。

 

チラコイドの配合成分から見た副作用の可能性

チラコイドにはその商品名の通り、ほうれん草に
含まれているチラコイドという成分が含まれており、
それに食欲を抑制するはたらきがあることでこういったダイエット食品に使われているようです。

 

100%純粋にほうれん草のみから抽出されて
いる食品由来成分であることから、薬のように副作用の可能性というのは低いでしょう。

 

ただ、ほうれん草に対するアレルギー症状を
お持ちの方はもちろん注意が必要です。

 

ほうれん草アレルギーは身体の一部に赤み、かゆみ
かぶれ、発疹、湿疹、蕁麻疹、しびれ感などの皮膚的症状が多いといわれています。

 

万が一そのような兆候が見られた場合は即刻使用を中止することです。

 

チラコイドには他に下記のような成分も含まれています。

原材料名

ほうれん草抽出物、りんご果汁、ドロマイト、ブドウ糖、海洋深層水加工品、植物発酵エキス/増粘剤(キサンタンガム)、V.C,酸味料、抽出VE,ナイアシン、パントテン酸Ca,甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、環状オリゴ糖、V.B1,V.B6,V.B2,V.A,葉酸、V.D、V.B12?(一部に大豆・バナナ・やまいも・りんごを含む

 

当然といえば当然ですがチラコイドは
あくまで食品なので副作用の可能性のある成分というのは基本見当たりません。

 

ただ、食品由来の成分が多いことから、
上記でも赤字で示した通り、大豆等のメジャーな
アレルゲンも含まれているので、そういったリスクを避ける
ためにも使用前には必ず配合成分はよく確認されることをオススメしたいです。

 

このページの先頭へ